ホラ吹きスピーチとは? ー 第176回例会でワークショップ

今年のトーストマスターズ秋季全国大会は、ホラ吹きスピーチコンテスト。これに向け、調布フリーフライト・トーストマスターズクラブは、2回のワークショップを予定しています。このうち1回目のミニワークショップを、7月22日の第176回例会で開きました。


講師を務めてくださったのは、ストーリテリングTMC会長のIさん。「人生で一度も嘘をついたことがないのに、ホラ吹きスピーチをするなんて!」と最初は戸惑ったそうです。


ホラ話とは英語で tall tale(トールテール)。Iさんは、アメリカの西部開拓時代、各地から集まった開拓者たちが夜、キャンプファイヤーを囲んで酒を飲みながら、「大男を倒したことがある」などのホラ話をして楽しんだと歴史を紹介。「日本では特に夏など、怪談やコワイ話をして楽しむ。アメリカでは、それが楽しいトールテールだった。トールテールは、西部開拓者時代のコミュニケーションツールだった」と話しました。


a0148733_00110949.jpg
ユーモアたっぷりのIさん



ホラ吹きスピーチの基準は、大げさで到底実行できなそうな話でテーマやプロットがあること。そう聞くととても難しそうですが、Iさんは自分の好きな物語を参考すれば良いとのこと。例えばスターウォーズや桃太郎は、突き詰めれば勧善懲悪物語。ドラえもんや浦島太郎は、楽しい思いをした主人公が調子に乗ってエスカレートするとしっぺ返しを食らう話。このようにウケる物語のあらすじにはパターンがある、とIさん。

話のあらすじを決めたら「いつ、誰が、何を、どうやって」といったディテールを載せて話を膨らませれば、自分だけのストーリーができると話しました。そして「今までの楽し買った経験を振り返って、自分なりに味付けしていくと良いですよ」とアドバイスしてくれました。


ミニワークショップの後、実際にホラ吹きスピーチを聞かせてくれたIさん。「負け続けた男」とのタイトルで、恋愛物語にゲームに負け続ける男という要素を掛け合わせ、楽しませてくれました。


Iさんのミニワークショップ&ホラ吹きスピーチのほかには、2人が準備スピーチを披露。

新人のIさんのスピーチは「The appeal of Japanese sweets “Wagashi”」。Competent CommunicationマニュアルNo.2の課題で、ビジュアルエイドを使い、明確なアウトラインとメッセージを伝えることを目指しました。


a0148733_00114300.jpg
和菓子を配ったりビジュアルエイドを使ったりと工夫が光ったIさん


ベテランのAさんは「ピンチはチャンス」というテーマでスピーチ。新しい職場で直面した問題に真摯に取り組むことで、ピンチをチャンスに変えた、と話しました。


a0148733_00120148.jpg
冷静にしっかりとポイントを伝えるAさん


Toast Master of the Day(TMOD)は、入会2年目のTさんが初チャレンジ。直前にスピーチのキャンセルがあり、代わりを探すなど、ピンチを乗り越え、初TMODの役目を果たしました。


a0148733_00142038.jpg
初TMODを達成したTさん



例会後は、Iさんを囲んで懇親会。ビールと冷たい日本酒で喉を潤し、トーストマスターズとホラ吹きスピーチについて語り合いました。


a0148733_00144193.jpg
和やかな懇親会も調布フリーフライトTMCの特徴です。


a0148733_00150189.jpg
んー、旨かった!


xxxxxxxxxxxx


調布フリーフライトトーストマスターズの次回第177回例会は8月12日(土)午後2時~4時、調布市文化会館たづくり(京王線調布駅徒歩3分)1202会議室で開かれます。


また8月26日(土)の第178回例会では、ホラ吹きスピーチワークショップ No. 2。TM歴18年のDistinguished Toast Masterで、経験豊富なMatthew Ownbyさんが講師を務めてくださいます。会場は調布市市民プラザあくろす(京王線国領駅徒歩1分)の予定です。



お気軽に見学にいらしてください。

見学のご連絡・お問い合わせはこちらから、

もしくはcfftmc★excite.co.jp (★を@を変えてください。)宛にメールでご連絡ください。


お互いに学びあうアットホームな雰囲気のクラブです

ここ調布で、日本語・英語でのプレゼン・スピーチを学んでいきましょう!


★トーストマスターズクラブとはどんなところ? :トーストマスターズクラブについて

★調布FFTMCはどんなクラブ? :  調布フリーフライトTMCの概要


毎回数名の見学者の方がいらっしゃいます。 アポなしのご見学も大歓迎です

みなさまのご来訪をお待ちしております



[PR]
by cfftmc | 2017-07-23 00:27 | ★例会報告 | Comments(0)