第148回例会報告

すっかり春らしくなるなか、第148回例会が調布たづくりにて開催されました。

今回は、2名のゲストのご参加いただいたのですが、今回はゲストのSさんにテーブルトピックマスターを引き受けていただきました。今回のテーブルトピックは日本語の番で、Sさんのお題は、「子どもの素朴な質問に答えてあげる」シリーズで6題でした。なんと筆者が1番手であたってしまい、「ちくわはなぜ穴が空いているのか?」というお題に苦闘しました。どのお題も、質問が良く練られていて、回答もスピーカーごとに特徴が良く出て楽しいセッションでした。ベストスピーカーはKさんでした。

続いての準備スピーチは、今回は3本でした。まずは、Sさんの職場に関するスピーチ「Mr. S」。職場の同僚については誰もが色々と考えると思いますが、その同僚がいかに力になっていたか、というスピーチ。表に見えない部分での貢献は、普段はなかなか気づかないものですよね。2本目は、Kさんの「お気をつけて」。かよわいKさんは、電車で気の強い方々に絡まれることが多いそうなのですが、今回は旅行の電車での話。スピーチのプロジェクトどおり最後に劇的展開があるのですが、電車でも行儀よくありたいものですよね。3本目はNさんの「受取人は誰?」Nさんも職場にまつわるスピーチでしたが、なりゆきで自分の担当になってしまった仕事についてのお話。そんな人の良いNさんでも守ってほしいことをスピーチに。Nさんが見事ベストスピーカーを受賞しました。

休憩をはさんで始まった論評セッションでは、各論評者がそれぞれの持ち味を活かした論評。そんななか、論点をきっちりまとめて的確な提案をしたAさんがベスト論評者を受賞しました。

次回例会は5月14日(土)午後2時から調布たづくり602で開催されます。皆様のご参加をお待ちしています!

a0148733_23270536.jpeg
a0148733_23272253.jpeg

[PR]
by cfftmc | 2016-05-03 23:27 | 例会報告