新たなるスタートでヒートアップ!第101回例会

記念すべき第100回例会を終えて新たなるスタートとなった第101回例会は、
ゲスト3名の出席もあって、調布たづくりの会議室がいっぱいとなる大入り例会となりました。
2名のゲストからは、入会表明もいただき快調なスタート。
a0148733_12575644.jpg
Yさんから発表された”Word of the Day”は、矜持/Pride。
なかなか使わない言葉を意識して使う、という目的によく合った言葉でした。

今回初めてTimerの担当となったTさんは、役割をわかりやすい言葉で説明し、
例会中もきっちりとTimerの役割をこなしていました。心強い!

そして、いよいよテーブルトピックスのセッションに入りました。
今回は第4週目でしたので、日本語でのセッションでした。
今回のテーブルトピックスマスターは、こちらも初めて担当のNさん。

テーブルトピックスは、出題内容に加えて本題に入る前の前振りのトークがとても大事。
Nさんは、興味深い前ふりから予想外の転回を加えて、メンバーを楽しませました。
出題内容は、印象に残っているルール、あなたとパソコン、疲れ目・肩こり対策、
面白い新製品、友人との旅行、など多岐にわたりました。
その中で3名の方々が同点でベストスピーカーとなる大激戦となりました。

続いての準備スピーチは、日本語3本に英語1本。

1人目のYさんは、有名な歌の「赤い靴」の少女の背景に関するお話。
私は全然知らなかったのですが、悲しい実話が裏にあったことを知り驚きました。
まさに、プロジェクトの課題通りのTouching Storyでした。

2人目のKさんは、なんとTMODとスピーカーとの2足のわらじ。
きっちりと例会の準備をしつつ、スピーチまでこなるバイタリティがすごい。
スピーチは、KKさんの子ども時代の行商人や母親との思い出にまつわる話。
得意分野のお魚に関する内容を加えながら、スピーチの締めが意外に満ちたものでした。

3人目のKさんは、大事だけど避けがちな「遺言」に関するスピーチ。
様々なエピソードを交えながら、一歩一歩説得していくスピーチは、説得力たっぷり。
帰りに文具店で遺言セットを買ったメンバーもいるのでは?!

久しぶりの参加となった4人目のSさんは、1メートルを超す大きさの
リラックマのぬいぐるみ「熊美」を連れてきてのスピーチ。調布の街でも注目の的でした。
スピーチは、可愛い熊との楽しいエピソードと思いきや、なんと熊と出会ったときのサバイバル対策。
弱点の鼻を衝くことや、いざとなったら巴投げが効果的とか。
ユーモアたっぷりのスピーチで、見事ベストスピーカー受賞となりました。

休憩をはさんだ後の論評セッションでは、4名の論評者がテキストの課題を踏まえて
時には具体的な提案を交えながら論評を行ない、スピーカーの役に立つ内容でした。
登場人物の描写について適切な提言をしたKSさんが、ベストエヴァリュエイターを受賞しました。

次回例会は、5月10日(土)14:15~14:30、調布市文化会館たづくり602会議室で開催されます。

見学のご連絡・お問い合わせはこちらから、もしくはcfftmc★excite.co.jp (★を@を変えてください。)
宛にメールでご連絡ください。
アポなしのご見学も大歓迎です。みなさまのご来訪をお待ちしております。

今後の予定
5月10日(土) たづくり602
5月24日(土) たづくり301&302

6月14日(土) たづくり301&302
6月28日(土) たづくり1102

by JT

[PR]
by cfftmc | 2014-04-29 13:10 | ★例会報告 | Comments(0)