大雪の中の伝説に!? 第96回例会報告 

a0148733_23350178.jpg
第96回調布フリーフライトTMCの例会報告です。

16年ぶり?40年ぶり?新しいところで去年の成人式ぶり?クレージー天候の中、
たくさんのクレージーなメンバーが集まりました。
遠くからや遅延電車や徒歩で「倍返し」的に時間がかかったと思いましたが
定時通りに例会はスタート。

T会長のテンポ良いオープニングのスピーチから始まり、
KSさんによる本日の言葉は「White」
まさに外は「White-out」の今日にはぴったり。

ビジネスセッションの中では役員会の報告(会費運営状況・コンテスト実行委員・時期役員)
などがスムーズに行われ、Nさんの入会式も無事に終了いたしました。
このところ毎週のように1名の入会者を得て、うれしい限りです。
本日はこの悪天候の中、Iさんが見学にいらっしゃいました。
また来てくださるとの声をいただき、Win-Win。

さて、この天気の中参加人数が心配でしたが「この天気だから来れた!」という方もいて、
何が起こるかわからないものだ、と実感。
TMODはキュートな中国からの刺客Lさん。
実績も経歴もクワトロリンガル(音が心地よいのであえてこの言い方)
も素晴らしいのにSmall and Charming 風邪からのカムバック。

ジョークマスタはKSさん
危険人物は常に手袋は着用ですね。気を付けます・・・
外とは違うストームが吹き荒れました。

テーブルトピックマスタはSさん
タイムリーなオリンピックの話から3題だされ、
「ウィンターオリンピックが日本で開催されるとしたら、どこ?なぜ?」
でクールビューティな声の持ち主Mさんがベストを取りました。

次は準備スピーチ3題
本日初めてのIce Breaking Speech「My Family」をしてくださったFさん。
観客からは笑いが出てきたり、共感があったりとメモがあったにもかかわらず、
とてもスムーズに展開されていました。

次はCC#2から「Who is the biggest fishman?」をスピーチされたKoKiさん。
(なんかうちってKさん多くないですか?)
難しいアカデミックな話をストーリ性を持たせて私たちをぐいぐい引き込んでいました。

最後はわがクラブのSmiling Prince(微笑み王子)Hさん。
AC Resources for informing #2から「To be a Tourism-aspied country」
情報の定義、その裏打ちを見事に示してベストに輝きました。

第2部は論評大会?
Talkative Cさん(わた~し)による、明るい進行のもと(自分で言うものなんだけど)三銃士を紹介。
なんで三銃士なの?そりゃ頼りになるからです・・・
Aさん、Tさん、Yさん、フォーマットに基づき感銘を受けたところ,
そしてこれからを見据えて見直す点など指摘、
最後に次のスピーチに向かわせる褒めの言葉は最高ですね。
ベストはアナウンス役のTさん、はにかんだ様に「私です」・・・ほほえましい!

総合論評では以下の点が上げられました。
スピーチを始めるとき、「Excuse」から入いる場合の観客の反応。
誰しも準備120%でレクタンに立てるわけではありません。
今の自分の立場でベストを尽くせばよいし、そんなスピーチを聞きたいと思います。

英語のスピーチの中で日本語の訳を入れるべきか。
覚えてほしい言葉やフレーズで使うならともかく、
私の使ってる単語わかりますか?的な。
また、英語紹介でTM ○○さ~ん等の使い方などです。

みんなの笑いを誘うJargon(a colloqurial expression)、共感を呼ぶストーリ、
確かな強い裏打ちがスピーチに色濃く豊かにするものだと再確認しました。

本日はクレージーな天気の中、Oさんのイラストのうまさや長靴が妙に似合っていたりと
新しい発見もありました。

次回の例会は2月22日土曜日14:15~、場所は京王線国領駅前 あくろす2Fに会場を移します。
皆さんの参加、またゲストさんの参加をお待ちしています。

Peace out
by C

a0148733_23514332.jpg

[PR]
by cfftmc | 2014-02-15 15:53 | 例会報告 | Comments(0)