第57回 例会報告(6月23日)

今週は台風もあって「週末の天気は大丈夫かな?」と心配でしたが、
まあまあのお天気で無事開催されました。

今回で現役員の任期満了のため、今回は役員交代式が行なわれました。
Y会長のフェイント付き表彰式が最後かと思うと残念ですが、
S新会長の新バージョンにも期待したいです。

そんな中、今回はY会長がTMODを担当されました。会長とTMODを兼任は
例会の最中とても忙しいのですが、つつがなくこなされるところはさすがです。

テーブルトピックは、Hさんご担当で今回は日本語の番でした。
コンテスト形式で2問、計7人が当たりました。
「最後の詰めが甘くて失敗したこと」「壺売りを追い返す方法」という
2問はとてもユニークで、皆さん色々なスピーチで楽しめました。
「もう、壺はいっぱい持っています。」が、すごい発想だなあと思いましたが
「奥さんに断らせる」という必殺技を披露したSさんがベストテーブルトピック受賞。

今回のスピーチは3本。

Sさんのスピーチは、人を採用する苦労話についてのスピーチ。
苦労話をユーモアスピーチに変える構想力・構成力が素晴らしいと思いました。
とても楽しいスピーチで笑いも絶えず、見事ベストスピーチ受賞となりました。

Yさんのスピーチは、「(苦しい人々についての)想像力を働かせよう」というメッセージ。
奴隷に関する本の紹介や色々な図を交えながらのスピーチは、強いメッセージ性があり、
考えさせられるところが多かったです。

Kさんのスピーチは上級マニュアルのInterpretive Readingが課題のスピーチ。
「アリババと40人の盗賊」というなじみのある話を、声の多様性を使って
登場人物を上手く演じ分けし、また場面の移り変わりを表現されていました。

論評は、3名のうち2名が時間オーバーでした。(含む筆者)
そんな中、S新会長が落ち着いた指摘をしながら時間を守って見事ベストエバリュエーター受賞でした。

また、最後のGrammarianレポートでは、多岐にわたった指摘がなされ、見事なレポートでした。
細部にわたって注意深く聞く姿勢・集中力が大事ですね。

次回からは、役員新体制での新年度スタートとなります。
来年度もみんなでがんばっていきましょう!
[PR]
by cfftmc | 2012-06-28 20:46 | 例会報告 | Comments(0)