第49回 例会報告(2月25日)

2月25日、仙川の東部公民館で行われた例会のご報告をいたします。
いつも使用している会場が閉館のため、畳の部屋で座っての例会となり、
いつもと一味違う例会になりました。

最初は、ジョークマスターCさんの各国の方々の国民性に関連したジョークから始まり、
3本の国民性についてのジョークが披露されました。
国民性については、本当に色々なジョークがあるものですね。

ジョークに続いては、「前日飲み過ぎでちょっとつらい」というLさんの進行によるテーブルトピック(即興スピーチ)。
その日のテーブルトピックマスターがお題を出し、指名された人は短時間でスピーチを考えます。
毎月、2週目の例会では英語で、4週目の例会では日本語で行われます。
ユーモアを交えつつ、バリエーション豊富なお題が設定された中で、
立川TMCからご参加のゲストのSさんがベストテーブルトピックスピーカーとなりました!

準備スピーチの1本目は、前回入会のYさんのアイスブレーカーのスピーチ。
ご自身の厳しい体験を通して、”To Be Happy”のためにはという結びに繋げたスピーチは、
良く練られていてまたテンポ良く進む、とても初回とは思えない余裕のあるスピーチでした。

2本目は、Kさんの高松の栗林(りつりん)公園に行った話をもとにしたスピーチ。
「見立て」を日常生活に取り込んでより良い暮らしを、というメッセージでした。大胆にも、スピーチ中に全員にお菓子を配るという試みを入れながら、7分30秒ぴったりというスピーチは、事前に時間厳守を強調されていたTMODもご満悦の様子でした。

GEのSさんのコメントは的確で、特に「どのような場所でもスピーチできるようにする練習として、今日のような和室もいい。」という点は納得しました。
Timer初回のSさんも、安定した仕事ぶりだったと思います。
TMODのTさんのリーダーシップ溢れる事前調整も見事だったと思います。

例会の後には、見学にこられていたUさんの入会表明がありました。
次回は早速、アイスブレークスピーチ!楽しみですね。
[PR]
by cfftmc | 2012-02-29 23:46 | 例会報告 | Comments(0)