スピーチ競演-第14回例会報告

皆さん、こんにちは。

お盆休みはいかがお過ごしですか?

さて調布フリーフライトTMC、第14回例会のご報告です。
8月14日ということもあって、メンバーはお休みが多かったものの、
2回目参加のSさんの入会表明があり、嬉しい!充実した例会となりました。

まずは久々登場のKさんのテーブルトピックス。
お題は季節に合ったタイムリーなもので、
夏の暑さ対策、人の死を受け入れる(お盆)、平和のPR(原爆、終戦記念日)
といったお題が出題されました。
さすがKさん、タイムリーであっただけでなく、
事前準備をしっかりされ、よく練りこまれたお題ばかりでした。
そのお題にしっかり答えられたゲストさんもすごい!
英語だとちょっと難しいですが、Kさんのお題はいつも社会時勢を捕らえた答えがいのあるものばかり。
とても勉強になります。ありがとうございました。

準備スピーチは3本!
上級マニュアル「 The Entertaining Speaker(楽しませるスピーカー)」より「The Grim Reaper」
今回もドラマチックなお話をどうもありがとうございました。
Yさんによるほぼ毎回のスピーチ、本当に尊敬します。
ネタの出所はいったいどこにあるのでしょう?見習いたいものです。
同じく上級マニュアル「Interpretive Reading(朗読)」より「For You, My Daughter」
アメリカの素敵な詩集を朗読していただきました。
えっ!スピーチなのに朗読なの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、違うんです。
朗読も立派なスピーチ。
とても素敵なイラストが書かれたカレンダー式の詩を情感たっぷりに朗読していただき、皆とってもやわらかな幸せな気持ちになれました。
Nさん、ありがとうございました!
そして日本語スピーチは基本マニュアルのプロジェクト「表現方法」より「ナンバーワン」。
タイトルの意味するものは?その謎はTさんが歌った「世界に一つだけの花」で判明。
歌の中で「ナンバーワン」と「オンリーワン」は異なる位置づけですが、Tさんはそこに独自の見方を加えてさらに掘り下げ、「ナンバーワンをめざす過程にオンリーワンがある。」という非常に意味深い、素敵なメッセージをいただきました。弾き語りのお仕事をされていただけあって、歌もさすが!
見事にベストスピーカーでした。

論評セッションはゲストでお手伝いいただいたTさん。
卒のない進行ぶりでした。

最後に今日の言葉は「shine」「shining」(輝き、輝く)。
結構使っていただきました。

ご自身のクラブの例会が終わってから急遽かけつけ(?)てくださったOさん、
ご参加いただいた皆さん、本当にありがとうございました。
まさにスピーチ競演、と言っていい素晴らしい例会でした。

a0148733_1115995.jpg


2次会はいつものアジアン居酒屋へ。
K会長が発見してくれたリーズナブルでおいしいお店、みんなのお気に入りですっかり定番になりました。
[PR]
by cfftmc | 2010-08-16 01:12 | ★例会報告